以前はWiMAXの方がスピードも速く大きいデータを利用する人にとってはWiMAXの方がいいといったものですが、最近はWi-Fiも速度が速くなり、Wi-FiルーターがWiMAXの速度を抜いたという事もあるため、通信速度の速さでWiMAXを利用するという事はなくなってきています。

WiMAXはものすごく通信速度が速い、だから重いデータなどを送る機会が多い人は、絶対にWiMAXの方がいいといわれていました。また同時にいわれていたのが、つながらないところが多いという事も言われていたのです。

都市部、特に東京都心などに暮らしていると全く問題なくWiMAXが利用でき、ビジネスでも快適です。しかし少し地方に行くと全くつながらなくなりますし、そのあたりではWiMAX?なにそれ?という感じで知らない人も多いのです。さらにWiMAXは障害物に弱いという点があります。

建物の壁などの障害物があると電波が届きにくいといわれているのです。もちろんそうなると移動中などは通信がかなり不安定になり、電波を拾えないという事が多くなるので、きちんと通信したいという時にはWiMAXがオススメといえないのです。

Wi-Fiが一気に普及しましたが、WiMAXは利用する場所によってかなり便利だけれど、利用出来ない場所も多く不安定なので利用したくても利用できないという方が多いのです。WiMAXとその他Wi-Fiサービスはそれぞれ特徴が異なっているので、自分の利用方法に合わせて選んでいきましょう。

Wi-FiとWiMAXは同じ無線でインターネットに通信できるという画期的な技術の事を指しています。しかし、徹底的な違いがあります。それは、利用出来る範囲です。

Wi-Fiの場合、自宅などに無線LANルーター、つまりアクセスポイントを置くことで電波届く範囲内、利用が可能です。外出先でも公衆無線LANやWi-Fiスポットという所なら利用できます。接続するためにセキュリティキーが必要になるなどがありますが、インターネットに接続できる範囲は狭く、住宅内であれば全く問題なく届きますが、長い距離となると届きません。

WiMAXは、「携帯電話を利用する時のように提供エリア内ならどこでも利用できる」というものです。小型ルーターなどが支給されることが多いのですが、これを持っていることでWiMAXの利用範囲内であれば、どこでも、帯域など関係なく利用できますし、重量制限などもかかりません。

またWiMAXは自宅で利用できるように、回線をWiMAXにすることも可能です。WiMAXルーターを設置することでWi-Fiルーター同様、ゲームやタブレットなどに接続てきます。但し、利用出来る範囲という事になるので、利用範囲ないでは小型ルーターを持っていても全く意味がなく、インターネットの利用はできません。どちらがいいか?自宅の環境によって考える必要があるでしょう。

まずWi-Fiですが、本来は「規格」です。昔無線LANが登場した時、子機と親機例えばパソコンと無線LANルーターなどに互換性がなく、接続を間違っていないのにつながらないという事が多くなり、無線LANルーターはそれほど普及しませんでした。それを打開するためにアメリカの団体が、互換性がないスムーズな接続ができる機器についてその後完成を証明する「規格」として作った言葉がWi-Fiです。
その為本来、Wi-FiとWiMAXを比較するというのはおかしいのですが、Wi-Fiを無線LANそのものの事として捉えることが多いので、Wi-FiとWiMAX、つまり無線LANとWiMAXの違いを紹介します。

Wi-FiもWiMAX無線でインターネット通信ができる技術の事をいいます。無線LANが登場するまではパソコンにケーブルをつないでインターネットをする必要があったのですが、Wi-Fi、WiMAXが登場したことでケーブルの接続がいらなくなったのです。

電波が届くところならどこでも利用できるので、自宅の場合、キッチンでもバスルームでもリビングでも自室でも利用できます。またパソコン以外、スマホ、iPod、DSなどゲーム機などでも利用ができるので、家族みなさんでストレスなくインターネットが可能となっているのです。

Wi-FiもWiMAXも基本的には無線でインターネットに接続できるという技術です。基本的には同じなのですが、違いもあります。それが、Wi-FiとWiMAXの利用範囲です。

IT関連の言葉、本当に意味が分かって利用されている人は少なく、結構勘違いで使っている言葉も多いです。本当のところ、Wi-Fiルーターという言い方も厳密にいえば間違っている言い方です。Wi-Fiルーターではなく無線LANルーター、若しくはアクセスポイントです。Wi-Fiというのは規格であって何か物の名前でも何でもないので、Wi-Fiルーターというものは本来存在しない物なのです。

しかし日本ではアクセスポイント、無線LANルーターの事をWi-Fiルーターと呼んでいることが多いです。家電量販店ですらWi-Fiルーターと呼んでいるのですから、多くの方が無線LANルーター、アクセスポイントの事をWi-Fiルーターと思っても仕方ありません。

無線LANそのものの事についてもWi-Fiという事が多いので、例えば公衆無線LANスポットとWi-Fiスポットは同じ、無線LANルーターとアクセスポイントこれとWi-Fiルーターは同じと理解しておけば問題ありません。

さて紛らわしいというか意味が分からないといえば、Wi-FiとWiMAXも同じです。同じような物らしいけれど、なんだか少し違うような?はっきり意味を説明できる人は少ないでしょう。IT関連の言葉にはこの様にわかりにくい言葉がたくさんあるのです。これから先、IT関連はさらに私たちの生活の中に入ってくると思いますので、少しずつ、わからない言葉を理解していくといいでしょう。

当サイトはWi-FiとWiMAXの違いをお知らせします。よくわからないと思っている方が、当サイトで疑問を明らかにしてくれたら幸いです。